トンネル補修

トンネルは構造自体、耐久性が高く設計されています。
しかし、経年劣化による地形の緩み、
風化やコンクリート構造物の劣化に伴い老朽化が進みます。
また、老衰の原因ともなり、徐々に損傷が進行するのが常です。
その様な変化に対し、当社では多種多様に対応できる下記の工法を
安全で確実に実施し、予防保全型の技術で対応いたします。

補修

覆工対策工法

ひび割れ補修
自動低圧式注入工法
(エポキシ系・無機質系)
断面修復工
ハツリ
ポリマーセメントモルタル充填
炭素繊維シート貼付工
CFPRラミネート工法
(トレカラミネート)
線導水工法
各種

施工実績

呉羽トンネル(工法)

工事場所 施工時期 発注者

このページのトップへ戻る